会社案内|宮内硫黄合剤株式会社

代表あいさつ

当社は、石灰硫黄合剤を製造・販売する会社として創業いたしました。
現在は、農産物に関わる農業生産資材全般を取り扱っております。
昨今、消費者の食生活や食文化は、様々変化しております。
食の安全・安心への関心の高まりに対応し、また現場のニーズを把握しながら品質の良い農産物の生産性を高めるコンサルティングセールスを進めております。
地域社会と農業に貢献できる様、全社一丸となって努力して参ります。
今後とも、皆様の一層のご指導とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 星 則男

経営方針


一、自然にやさしく自然と共生する企業をめざす
一、技術と知識の啓蒙により農業の発展に寄与すること
一、コンプライアンスを遵守した経営の実践

会社概要

商号 宮内硫黄合剤株式会社
本社 〒992-0472 山形県南陽市宮内476番地
電話 0238-47-2261(代表)     FAX 0238-45-3016
山形営業所 〒990-0821 山形県山形市北町3丁目7番69号
電話 023-684-0935(代表)  FAX 023-684-7972
設立 昭和4年10月
資本金 2,500万円
事業内容 石灰硫黄合剤の製造・販売、一般農薬の卸売・小売
主要仕入先 アグロ・カネショウ(株)、石原バイオサイエンス(株)、
大塚アグリテクノ(株)、サンケイ化学(株)、住友化学(株)、
ダウ・ケミカル日本(株)、日本曹達(株)、
バイエルクロップサイエンス(株)、BASFジャパン(株) 他
主要販売先 石灰硫黄合剤:全農・各県本部・JA・県内外卸売店・農薬取扱店

沿革

昭和4年 故会長 星 勇作 石灰硫黄合剤の製造を開始創業
昭和28年 商号を宮内硫黄合剤株式会社とする
昭和30年 故社長 星 幸雄 一般農薬の卸売業開始
昭和38年 山形市北町に山形営業所を開設する
平成元年 創業60周年記念行事開催
平成6年 山形営業所新築落成

ページトップへ